内向型スポーツトレーナーのいろいろ日記

元公務員でスポーツトレーナー。内向型を活かして生きていきたい。

内向型の人におすすめのthe pillowsの曲10選

私が好きなバンドの一つthe pillows

音楽を聴く上で、重要視するポイントは人それぞれだと思う。

歌詞が好きなアーティスト、見た目が好き、など好きにもいろいろある。

私がthe pillowsを聴くときにも、

  • この曲は歌詞が好き、共感する
  • この曲はテンポやメロディーが好き

など、いろんなことを感じながら聴いている。

 

そこまで音楽に詳しくない立場ながら、これまで聴いてきた音楽の中で、自分の人生で出会えてよかったと思うのが間違いなく「the pillows」。

特に、作詞作曲を担当している「山中さわお」さんから出てくる歌詞は、これまでなかなか人と本音では分かり合えなかった私の、心に強く響くものが多くある。

 

自分の人生にとって大きな存在である「the pillows」に愛を込めて、「内向型の人におすすめのthe pillowsの曲10選」を考えてみた。

 

ストレンジカメレオン

youtu.be

ピロウズの中でもとても有名で、とても大切で、とても人気のある曲「ストレンジカメレオン」。

全体的に恋愛の曲に感じるものの、

  • 「汚れた僕」・「君はキレイだった」
  • 「好き」・「嫌い」

対比を使いながら綴られる言葉。

 

自分を「出来損ないのカメレオン」と自虐しながらも、

逆立ちしても変わらない 滅びる覚悟はできているのさ

 

歴史には価値のない 化石の一つになるのさ

もう心は決まっている、この曲を作った当時、売れるためにレコード会社や事務所の言いなりになることはしないと決めた、さわおさんの決意に心を打たれる。

 

Bran-new lovesong

youtu.be

さわおさんの意図はわからないが、歌詞を見る限り恋愛を唄った曲。

愛の記憶がしぼんでから

目を開けたままずっと眠ってた

思ったよりそれは重症だった

 

嫌いだった自分の事

いつのまにか許してた

幅をもたせる表現が多く使われているので、恋愛以外のとり方もできる。

歌詞をしっかりと聴きながら聴くのもいい、さらっとメロディーのみに集中して聴いてもいい、聴けば聴くほど好きになる、そんな曲。

 

One Life

youtu.be

青い芥子の花びらが 風もなく揺れてたら 僕のタメ息のせいだ

この曲も、さわおさんらしいネガティブな言葉が入ってくる。

 

どんな靴を履いてても 歩けば僕の足跡

立ち止まればそれまで 僕が終わる印

でも立ち止まらない、進むよという強い歌詞も続く。

なんとなく、逆境が強いほど意地でも前に進んでやるよ!という気持ちもあるのかなと感じさせてくれる決意のような1曲。

共感と勇気をもらえる。

 

THAT HOUSE

youtu.be

歌詞・メロディーともに切なさが全面に出ている曲。

”雨の日も晴れの傘”さして

優しくされた記憶を

ぶら下げて歩きたい

さわおさんらしい表現で、きれいなメロディーにいろいろな感情をのせて彩っていく。

独特ながら的確に感情が表現されていることに共感しつつ、家で一人で聴きたくなる1曲。

 

TRIP DANCER 

youtu.be

冒頭から、

アラームが鳴ってても目覚めないこの国に

生まれてきた僕らの現実は

ハンドルを縛ったりハードルをくぐったり

慣れるなんて絶対不可能さ

暗い絶望の曲かと思わせる歌詞から始まるが、

来るべき時が来たら

キミの立つ足元も頂上なんだ

それは間違いじゃない

力強く断言してくれる。

歩み寄るべきだ なんて思わないだろ?

探してる物は僕らの中で騒いでる

周りに合わせる必要なんてない、自分の中に答えがある

そんな風に、内向型で周囲の人と合わないと感じることがあっても、そのままでいいと勇気づけてくれるような曲に感じる。

 

プレジャー・ソング

 

youtu.be

この中では明るめの1曲。

タイトルもそのとおり「プレジャー・ソング」。

泣きながら見た景色も

嘘のように好きになれた

 

悲しい歌は歌わないぜ

寂しい歌は覗かないぜ

険しい道を通ってきたからこそ、その後に見える景色が美しくみえる、そんな風に教えてくれているような曲だ。

 

雨上がりに見た幻

youtu.be

時代も背景もそぐわない

遺物なんだと思い知った

絶望、失望。

足跡の無い道を選んで

ずいぶん歩いたな

荒野の果て 何処かにきっと

足跡残ってる

それだけが それだけが

生きた証

それだけが それだけが

僕らの誇り

切なく、寂しさを感じさせながらも、自分の道を進むこと、その背中を押してくれる曲だ。

屋上に昇って

youtu.be

この曲の歌い出しを聴くと、なぜか無性に泣きたくなる。

優しいメロディーに

もしも僕が王様になっても

誰もが望む世界は作れないよ

神様そうだろ どうしてかな

寂しそうに歌う。

偶然でかまわない

幸せの形がいつか重なればいいのに

優しくて、少し寂しい、そんな1曲。

 

Beyond the moon

youtu.be

この曲も寂しく、優しい1曲。

キミは向日葵 僕は三日月

さわおさんらしい表現で自分を皮肉っている。

叶わぬ夢を見て少しずつ

欠けて無くなりそう

 

満月にさえなれないのに

太陽なんてまるで別世界

ロマンチックに、比喩をつかいながら

自分が相手に相手にされていない、届かない恋だと唄う。

でも、「キミは誰より素敵」、そう歌ってそんな素敵なキミに恋できただけで幸せを感じているかのような優しい切ない曲だ。

確かめに行こう

youtu.be

仲間といたって寂しくなる

優しくされたってまだ足りない

何もない夜は消えたくなる

僕のカタチがわかりますか?

ピロウズの曲では、「孤独」を感じさせる歌詞が多くある。

この「確かめに行こう」はこうやって抜き出す歌詞を迷うほど、全体で絶望や孤独感を代弁してくれているように感じる。

ただ、代弁してくれた上で、一緒に「確かめに行こう」と力強く鼓舞してくれ、私の心を軽くしてくれる大切な1曲である。

 

内向型でもパーソナルトレーナーになれる、いやむしろ向いてると思う

パーソナルトレーナーと聞くと、筋肉ムキムキの笑顔キラキラ、自信満々の100%ポジティブ!みたいな人を思い浮かべませんか?

 

私は現在、パーソナルトレーナーとして働いていますが、ブログタイトルにもあるとおり内向型です。

もともと運動は好きで得意、陸上、水泳、トライアスロン、筋トレなど色々やってきていたものの、

  • 好きなことを仕事にするのはつらくなりそう
  • そもそも内向型の私が接客業を仕事にしたらストレスで潰れるんじゃないか?

という思いから、避けていました。

 

ただ、昨年夏に公務員退職後の仕事展開に迷い、本当に興味のある「健康」「運動」といった仕事への気持ちがなくならなかったので、思い切って挑戦することにしました。

 

そこから10か月経って、内向型はパーソナルトレーナーにむしろ向いているのではないか、と感じるのでそのことについて書いてみたいと思います。

細かいところに気付くから

内向型は観察力が鋭く、物事を狭く深く掘り下げることが得意です。

そのため、パーソナルトレーナーとしてお客様の表情や顔色などから感情を敏感に察知することができます。

普段の生活では敏感すぎる、繊細といった内向型の特徴を、強みとして発揮することができるのです。

 

内向型はマンツーマンはむしろ得意

内向型の物事に敏感、繊細といった特徴は、いわゆるなチームでの仕事、数名で協力してこなすようなデスクワークなどでは、短所として捉えられてしまいます。

ただ、パーソナルトレーナーとしてお客様とマンツーマンのレッスンをする上では、目の前のお客様一人に伝えたり、表情から気持ちを汲み取ったりすることに集中できます。

そのため、内向型はむしろマンツーマンに向いている、得意といえます。

個人的にやっている立場からしても、精神的にかなり楽です。

 

内向型なお客さんも一定数いる

 ある本によると、世の中の4分の3が外向型、4分の1が内向型と言われています。

(もちろん形式的な分けにはなりますが。)

そのため、お客様の中にも一定数で内向型の方がいらっしゃいます。

内向型の方は外交型のトレーナーを苦手に感じることもあり、内向型の私のようなトレーナーを気に入って下さり、指名をもらうことも少なくありません。

 

内向型はむしろ少数派だからニーズがある

とはいえ、トレーナーとしてジムに所属して働いていると、パーソナルトレーナーは断然外交型タイプの人が多いと思います。

内向型はそもそも少数派、さらに職種としてパーソナルトレーナーやその他マンツーマン系の接客業では少数派ではないでしょうか?

ただ、その少数派だからこそのニッチなニーズがあることを感じます。

 

もし、内向型の方が仕事選びで接客業を外しているようであれば、マンツーマンなら内向型の強みを活かせるということもあるのではないでしょうか。

 

 

 

せっかくブログを始めたのに全然書きたいことが書けていない

つい3週間前に、新しいことを始めたい、思ったことを言葉にできようになりたいと思って、意を決してブログを始めたのに

  • 全然書きたいことが書けていない
  • 結局人の目が気になって
  • 人にどう思われるか気になって

意味ないことになってると感じるので、もう優等生?やめよう、変なプライド?こだわり?やめよう、誰もそんなお前のことなんか気にしてないよ、という精神で開き直ってブログ書いてみることにしました。

 

 

このままだとただの犬の散歩日記になってしまいそう

そらもちろん愛犬はとてもかわいいし、散歩中に気付きがあることも多い。

なのになんかわかんないけど景色や天気に関することしか書けない。。

やっぱり長年染みついたメンタルブロックがなかなか突破できず、書きたいことが書けない。

 

 

 もうツイッターも始めてしまえ

なんかもう全部中途半端な自分が嫌になって、超絶苦手なSNSツイッター」も始めました。

今まではツイッターなんて、そんな誰が読んでるかわからんもんに、書きたいことなんてないよと思ってました。

でももう今の自分の価値観から何か変えたいんです。

それなら超苦手なもの、まずそれやったことないのに無理とか言ってないでやれよ、と思って始めました。

ブログもツイッターも、とりあえず痛い人でもなんでもいいからやってみます。

人生トライアンドエラー

 

 

この記事書いてたら吹っ切れてきた

この記事書いていたらなんか気持ちが吹っ切れてきました。

こんな風にブログってつかうのかも、と。

せっかく始めたんだから楽しくやっていきたい。

 

ブログって私には難しいです。

好きじゃないならやらなくていいじゃん、楽しくないならやめなよ、と思われるかもしれないけど、

なんかわからないけどやりたい気持ちはあるんです。

なので頑張ってみます。

 

今後ももし読んでくださる方がいらっしゃれば、よろしくお願いします。

心理的ホメオスタシスによってやりたいことに踏み出せない?

ホメオスタシス = 恒常性

という言葉は聞いたことがあったものの、

心理的ホメオスタシス

という言葉を最近読んだ本の中で初めて聞き、特に心に残ったので書いてみることにする。

 

心理的ホメオスタシスとその働き

心理的ホメオスタシスとは、

私たちの脳が私たちの変化を止めようとする こと。

 

脳にとって、一番大切なのは死なないことなので

変化 = 生命の危機

とみなし、

変化しようとするときに、

  • 不安や寂しさ
  • やらない理由を探す

など、感情や思考をコントロールし、

私たちが新しいことに向かったり、変化したりすることを全力で阻んでくるようにできている。

 

新しいことや変化しようとするときの不安や葛藤は心理的ホメオスタシスによるもの

心理的ホメオスタシスは私たちの脳の働きなので、なくすることはできないだろう。

 

ただ、頭の片隅に心理的ホメオスタシスについて入れておくことで、

新たなことへチャレンジするときや、やりたいことに踏み出すときに不安や緊張といった気持ちが起きたときに

これは心理的ホメオスタシスという脳の働きによって起きている

と思うことで、精神的に楽になって、チャレンジを阻止する力をうまくかわせる。

 

これから新しいことや変化しようとするときに、この心理的ホメオスタシスをうまくコントロールして、自分のやりたいことに踏み出していきたい。

「夢中」と「努力」の違い

f:id:shizchang:20190404201356j:image

よく成功した人の話の中で、

「夢中になってやっていたらここまできた」

というようなエピソードを聞く。

 

何かである程度の成功を勝ち取るためには、夢中になれるもの、興味を持てるものを見つけることが大事だと思う。

 

公務員を辞めてから色々やっているが、それを続けるかどうか決める基準として、

  • 興味を持ってやれているのか
  • 夢中になれているのか

 

自分に問いかけてみるようにしている。

 

「夢中」と「努力」の違いについて改めて考えてみたい。

 

 

 

努力は夢中に勝てない

何かを「夢中」になってやっている人は、

「頑張っている」

という感覚がないので、興味が続く限りそれを続けることができる。

それも楽しく。

 

ゲームにハマるのと同じような感じ。

 

ただ、一方で「努力」は明確に目標や目標を決めて、自分を鼓舞して取り組むもの。

 

そのため、目標を見失ったり、頑張っても報われないと感じた時に挫折してしまうことがある。

 

結局、努力は夢中には勝てないと思う。

 

 

夢中になれるものを見つける

30代にもなって、「夢中になれるものを見つける」とか言っていることについて、マイナスにとられることもある。

 

ただ、人生100年時代と考えると、30代なんてまだまだだ。

仮に定年制で考えても65歳までまだ30年以上。

 

せっかくこの世に生まれたからには、自分の人生をより良いものにするためにはどうしたらいいか。

その先に人の役に立つことができてくるのかなと思う。